腹の毛 処理

柔らかい肌である腹の毛の処理は細心の注意が必要

腹の毛の処理は剃っては駄目

腕や脛の毛等、皮膚が厚い部分については、剃毛処理も有効なむだ毛の処理方法ではありますが、腹の毛のように、肌が柔らかくてデリケートな部分のむだ毛処理は、実は剃る方法は問題があるとされています。なぜなら、腹の肌が剃刀負けしてしまう危険性がとても高く、ぶつぶつと赤くなってしまったり、最悪の場合は傷になった上に化膿してしまう事もあるのです。
そうなってしまうと、薄着やビキニ等のセパレートタイプの水着を着用する事が出来なくなってしまい、ファッションにも制限がかかってしまうことになります。
また、異性とのお付き合いにも、抵抗を感じる事にもなってしまうのです。なので、腹の毛の処理については、剃る方法ではなく、正しい方法で行わなくてはなりません。

腹の毛については、自然抑制が基本

腹の毛の処理については、基本的な方法は自然抑制が有効です。無理やり剃ると、怪我や化膿に悩まされると言った様に、更に悪い状態になってしまうので、必ず自然抑制による処理を行いましょう。この方法だと、確かに剃って処理する事による即効性は期待できませんが、危険を伴わず安全なので、長い目で見ればこちらの方が有効な方法なのです。抑制方法は、専用のローションやジェルを使った方法があります。
今では、通信販売やドラッグストアでも簡単に手に入れる事ができるので、探せばすぐに見つかります。代表的な商品に「コントロールジェルME」という商品が販売されていまして、これは子供にも使えるくらいに肌に優しく作られているので、これを参考に試す事をおすすめします。